ポスターセッション:活動事例(社会貢献:防災等)

ご覧になりたいポスターの「PDF」または「動画」をクリックいただくと内容をご覧いただけます。

掲載期間:令和3年10月3日(日)~12月末まで

PDF

コロナ禍におけるジオツーリズム・教育旅行の取り組み

下村 圭、荒井 康輔、菅谷 琴乃、植家 祐慈、松原 凪沙[三笠ジオパーク推進協議会]

コロナ禍において、過去最大の入込数を記録したことの検証と感染防止対策、オンラインツアー等の取り組みなど今後の課題を提示し、長期化が予想されるwith/afterコロナ時代の展望を発表する。

PDF

自然災害伝承の活用ー男鹿半島・大潟ジオパークの例ー

高尾 実可子、渡部 公成、竹内 弘和[男鹿半島・大潟ジオパーク推進協議会]

当地域には自然災害伝承碑が6基あり、防災・減災教育、ジオツアーに活用している。自然災害伝承碑の情報を整理するガイドの会のワーキンググループの活動、自然災害伝承碑をガイドした事例などを紹介する。

十勝岳ジオパーク構想における火山防災

中村 有吾[十勝岳ジオパーク推進協議会]

十勝岳ジオパーク構想は、北海道美瑛町および上富良野町をエリアとし、両町の境界には活火山・十勝岳が存在する。当Gp構想では、防災を中心とした活火山との共生が、自然・文化の基盤となっている。

私たちのまわりの土砂災害を防ぐために

奈良井 舜、石丸真緒、市後崎敬太、今村祐実、荻野陽、黒田ゆいか、多田遼太郎、馬庭海斗、三上航平、矢野舜也[松江市立第二中学校]

島根県は全国でも有数の土砂災害多発地域である。土砂災害は、土石流、がけ崩れ、地すべりの3つに分けられる。本研究は、それぞれの土砂災害を防ぐための工夫について調べて、まとめたものである。