岩根寺に覆いかぶさる六神山

岩根寺の背後には、高さ約30m、幅約20mの断崖があり、そこにはデイサイトの節理が発達する。東方向約500m離れたところにもデイサイト(大森層)の溶岩がみられ,鞍掛岩とよばれている山体をつくる。デイサイト溶岩は粘性が高い溶岩であるために、つり鐘状に盛り上がった山容の山が多い。
上朝山地区には出雲国風土記に六神山が記載されているが、そのうち五つの神山がデイサイトの山である。夏には断崖にノウゼンカズラが花を咲かせる。

六神山

この岩根寺のある朝山(あさやま)の地名は、出雲国風土記に大国主が毎日、姫のところに通い毎朝通ったので朝山と付いたと書かれている。そして、六つの山が大国主にゆかりの山であることも示されている。岩根寺のある陰山は「大神の御陰(髪飾り)なり。」、現在の鞍掛岩は、鉾山として「南と西は並びに樹林あり。東と北は並びに礒なり。大神の御桙なり。」、稲山は「東に樹林あり。三方は並びに礒(岩石の路頭した岩場)なり。大神の御稲なり。」、稲積山は「大神の稲積なり。」、冠山は「大神の御冠なり。」などと記されている。

左の写真の右から岩根寺のある陰山、中央は鞍掛岩(桙山)、左が稲山。他の三つの神山も近くにある。

県道51号から岩根寺の駐車場まで約300mのルートです。岩根寺の駐車場は5~6台止まれます。この駐車場の北側の小山が六神山の一つである稲山です。