神話に登場の浜

稲佐の浜は,大社海岸の約2kmの砂浜海岸で、日本の渚百選に指定されている。「古事記」や「日本書記」で、大国主命に国を譲るよう差し向けた二神が降り立った「伊耶佐(いざさ)の小浜」がこの地名の起源となっている。浜の中央に屹立する辨天島は,流紋岩質火砕岩よりなり,出雲国風土記の門石島(かどいしじま)にあたる。頂上には海の神の豊玉毘古命が祀られている。

 

稲佐の浜のジオ学習。

出雲大社駐車場から西へ約1kmで稲佐の浜、駐車場とトイレが完備されている。夏は海水浴やキス釣りされていたり、神在月には出雲大社の神迎え祭がとり行われる場所。日頃から弁天島参拝者が跡を立たない。夕日も美しい場所。

稲佐の浜の駐車場