鵜が休息する岩礁

島根半島は弓ヶ浜半島沿岸の砂の流れを堰き止め、また中海側と美保湾側の海水交換のための水路として、境水道の形成要因となっている。この地形は、基本的には断層によって形成されたもので、北国倒し(ほっこくだおし)とよばれた保久島(ほっこくじま)や入道礁(地域ではニイダグイとよばれる)は、断層で分断された岩体の一部である。保久島や入道礁は多くの船舶を座礁させた歴史がある。

下記の地図は、行けることを意味しておらず、入道礁の方角と位置を示しています。見学場所としては、森山郵便局の西側からになります。

なお、ここから歩いて100mほど、森山郵便局の東側にジオサイトの権現山洞窟があります。