嫁ヶ島は宍道湖に浮かぶ唯一の島として知られる。約1000万~1200万年前(松江層の時代)に活動したアルカリ玄武岩よりできている。嫁ヶ島玄武岩と同質の玄武岩は、乃木付近の丘陵地を形成するなど、市内に広く分布している。島の周囲には、松江藩の時代に考案されたとされる来待石でつくられた「如泥石」が波除のための設置されている。嫁ヶ島を含む宍道湖の夕日は絶景スポットとして、日本夕日百選に選定されている。

嫁ヶ島を正面から望める場所は、夕日スポットとして整備されており、駐車場やトイレもあります。週末の夕日は観光客とカメラマンでとても賑わいます。

夕日スポット


夕日スポット