波食棚と貫入岩の織りなす景勝地

惣津海岸には波食棚が広がっており、干潮時には淡水から汽水成、そして深海底で堆積した黒色泥岩の地層が広く観察できる。南側に分布する淡水から汽水成の地層は砂岩泥岩互層からなり、湖の斜面に発生した混濁流により形成されたとみなされている。U字型を示す褶曲構造(背斜構造)も波食棚の中ほどにみられる。北側にある明島は粗粒玄武岩からなる貫入岩でできており、地層に調和的な貫入岩の周縁細粒相や、貫入の熱で白色に変質した泥岩もみられる。

七類(しちるい)港の隠岐汽船のフェリーターミナルから西へ県道37号を約1.5kmで惣津海岸へ下る道の案内があります。その道をおよそ350mほどの道の路側帯に車を止めて見学ください。明島には明島神社があり、遊歩道が整備されています。

地図は県道37号から惣津海岸へ下りるルートを示しています。