出雲平野を潤す天井川

斐伊川は船通山に源を発し,流長153km、流域面積2070㎢の1級河川である。「たたら製鉄」を背景とした河川として有名である。「鉄穴流し」によって,全国でも稀な砂の天井川となったため、斐伊川の縁には「鯰の尾」と呼ばれる導水路が築かれている。また、古くから氾濫を繰り返してきた歴史があり、江戸時代の治水対策である「川違え(かわたがえ)」は、湖岸線を約5km前進させた。出雲国風土記には出雲大川と呼ばれ、西の「神門の水海」に注いでいた。アユやサケが遡上し、春先には材木が流されると記述されている。

斐伊川の土手は出雲路自転車道があったりで、斐伊川と出雲平野の雄大な風景を楽しめます。