国宝松江城天守閣を支える石垣

石垣には地元で採石された石が使われており、その所の地名を付けて呼称されている。大海崎石(和久羅山デイサイト)、矢田石(松江層玄武岩)、森山石(古浦層凝灰質砂岩)、忌部石(大森層安山岩)など。
隣接する松江歴史館には、天守閣基礎部より出土した玉石(大芦石;島根半島の閃緑岩)が収蔵されている。
築城工事は、慶長十二年(1607)から開始され、慶長十六年(1611)に完成した。 城跡内の照葉樹林は、特定植物群落である「松江城照葉樹林」に指定されている。

次の図は、松江城の大手門から石垣を中心に巡る約1.2kmのルートを示しています。