なぜ?こんな形に!

瀬崎の波食棚は、安山岩の火山が激しく活動したところで、同質の火山角礫岩、凝灰角礫岩、大小の岩脈よりなる。日本海からの波浪の影響を直接受ける場所であり、多様な地形が形成されやすい。地元の人が「ヒョウタン池」とよんでいる窪地は甌穴(ポットホール)で、学術的には海食甌穴にあたる。波の営力によって甌穴内の円礫が回転し、岩盤を掘り下げてできたものである。島根半島では最大級の甌穴である。

瀬崎漁港の近くにありますが、落石の危険があるため行くことはできません。場所は、Googleマップのこちらをご覧ください