民家に落下した隕石

美保関隕石は、1992年12月10日21時頃、松江市美保関町惣津の松本氏宅に落下したもので、大きさは25.2×14.1×10.6cm、重量は6,380g で、現在は七類港にあるメテオミュージアムに所蔵・展示されている。国立科学博物館により専門的な研究が行われ、主にかんらん石、輝石などの珪酸塩鉱物からなる石質隕石であることがわかった。さらに、それらの珪酸塩鉱物が球粒(コンドリュール)を形成する球粒隕石(コンドライト)に該当している。

メテオミュージアムは美保関七類港の隠岐汽船のフェリーターミナル施設内にあります。下記の地図は、フェリーターミナルから美保関惣津の隕石の落ちた松本邸までの約2.5kmのルートを示しています。

隠岐汽船フェリーターミナル