絶景の須々海海岸

この海岸にみられる洗濯岩は、およそ1400万年前の海底で堆積した地層で、白い色の砂岩と黒灰色の泥岩が何度も繰り返す。泥岩が選択的に侵食を受けることで洗濯板のような形状となった。砂岩は混濁流と呼ばれる海底で発生した濁り水、または海底土石流から堆積した。『出雲国風土記』には「須々比埼 白朮あり」と記載されている。周辺には、絶滅危惧種であるモクゲンジの生育が知られている。

松江市の島根町大芦と鹿島町御津の間に位置しています。県道37号から見下ろすと雄大な景色が広がりますが、車の駐車には気をつけてください。また、県道から山の斜面をロープを伝っておりることができますが、危険が伴うので注意をしてください。なお、冬季は海苔摘み場となるため、立入禁止となります。下記のルートは、当ジオパークのビジターセンター(松江市島根町加賀6120–14)からのアクセスを描いてあります。