島根県の石「来待石」

来待石は約1400万年前の浅い海で堆積した安山岩の岩片を多く含む塊状の凝灰質砂岩である。絶滅哺乳類(束柱類)のパレオパラドキシアの下顎化石がみつかっている。平成28年に島根県の石に選定された。
江戸時代には松江藩のお止め石として藩外への流出を禁止し、松江藩の特産品であった。周辺には、特定植物群落である「美龍山岩屋寺の照葉樹林」、「上来待の照葉樹林」、「菅原の照葉樹林」がある。

(上の写真は石切場跡が見学できる来待ストーン

来待石の石切場が間近に見られ、来待石の歴史・文化を展示し、石加工体験もできる来待ストーンへのルートです。国道9号から来待ストーン駐車場(50台程度)を経て、来待石を掘り抜いたトンネルをくぐってミュージアムへ至るルートを示しています。